工学基礎実験

繊維産業は、近代日本を支えた当時最大の産業分野であり、その技術は現在の科学技術の基礎となっています。ものづくりの精神や技術革新のノウハウ、産業の栄枯盛衰の歴史など、理系大学で科学技術や産業界での活躍を目指す学生にとって、分野を問わず学ぶべき要素が多々あります。
入学初期の段階で、本学の歴史を知ってもらうと共に、過去から学ぶことを体感させること目的として、平成24年度より初年次教育として「工学基礎実験」の1コマで科学博物館の見学・レポート課題を実施しています。