技術革新学

平成14年度に開講した工学部学科共通科目「技術革新学」を、平成16年度より科学博物館が担当しています。技術革新学とは、失われつつある産業遺産の保存を図ると共に、産業技術を培ってきた先人達の経験を系統的に継承し、体系化して更なる技術革新に役立てることを目的とする研究です。

学内の多様な分野の教員が各自の専門分野における技術革新の歴史をオムニバス的に講義するとともに、技術革新とイノベーションについての概論を講義し、これからの新産業を担う人材の育成を目指します。