【2018.4.28-9.1】企画展「リアル?バーチャル?未来へ飛び出せ 3D」

チラシダウンロードはこちらから

概要

いわゆるVR(バーチャル・リアリティ)表示機器や3Dプリンタの普及など,3D関連技術は広く市民の関心を集めています. リアルとバーチャルの2つの世界をつなぎながら広がる,3D関連の原理と研究を楽しみながら学びましょう!

主な展示内容

・3D表示方式のこれまでと未来
歴史的な3Dスコープ,現行の3Dテレビやヘッドマウントディスプレイから,研究開発中の裸眼3Dディスプレイまでを展示.19世紀から未来に至る3D表示方式の変遷と原理が分かります.

 

左:3Dメガネをかける前の画像.どう立体に見えるかは,ぜひ会場で体験してみてください!
右:20世紀初頭に撮影された立体写真.100年前の立体画像,どのように見えるでしょうか?

 

・3次元造形:
3次元設計データを思いのままに造形する技術とその活用事例を展示.3次元切削法,金属を対象とした3Dプリンタ,3次元スキャンの実際と博物館における新たな活用事例を紹介.他に3次元折り紙や3次元微細加工なども.

左:さまざまな形の立体折り紙 (協力:筑波大学三谷研究室)
右:3Dプリンタで出力した大英博物館の収蔵資料など.ぜひ手に取ってご覧ください!

 

・ホログラム,デジタルホログラム:
究極の3D表示・ディスプレイと言われるホログラムとデジタルホログラムの実物を展示.その高い芸術性と将来の展開を学ぶことができます.

 

 

同じ写真でも,角度によって見え方が変わります.写真の中に3次元の画像を記録するのがホログラムです.

上:エンジン#(ナンバー)9 (協力:東工大博物館)
下:triplane (協力:関大デジタルホロスタジオ)

 

・大学での3D研究:
その他にも,大学で取り組まれているさまざま3D研究について学ぶことができます.

関連イベント

1. 毎週土曜日(11:00 – 15:00)に,VRディスプレイや3Dプリンタのデモンストレーション,展示解説を行っています.予約不要,直接会場へ.

2. 本学ジュニアサイエンスプログラムの一環として,ホログラムの制作体験を8/4に実施.要予約,中学生対象.

関連組織

後援:小金井市教育委員会 三鷹市

協力:東京工業大学博物館 ホログラフィック・ディスプレイ研究会(HODIC) 日本大学吉川・山口研究室 関大デジタルホロ・スタジオ(関西大学) 筑波大学三谷研究室 東京農工大学管弦楽団 一般財団法人全国科学博物館振興財団

3Dデータ・ソフトウェア提供:国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト

協賛企業:伊藤光学工業株式会社,凸版印刷株式会社,株式会社牧野フライス製作所